忍者ブログ

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[08/31 NONAME]
[08/16 ㈱桜クリーン産業 荒井博之]
[11/14 あきもと]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
つくばエコライフフレンズ
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

アクセス解析

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メルマガ9月号/エコドライブ実験報告

28名がマイカーで実験エコドライブの効果を実感



 当ブログでも参加者を募集したエコドライブ実験の結果を集計いたしました。28名の方々にご協力いただきました。ありがとうございました。
 実験方法は、当ブログのメルマガ4月号/エコドライブ実験のお知らせを参照してください。


実験結果



 走行距離は参加者によって異なりますが、普通ドライブ、エコドライブともに200~800kmです。一般に行われている講習会に比べて2桁以上長いので、数字の信頼性は高いです。今年は夏の暑さが早くやって来て、エコドライブする際にエアコンの使用を余儀なくされました。そのせいか、2008年に実施した実験結果9.9%より劣ったものの、それでも6.8%の改善率を達成しました。エコドライブを継続するかとの質問には「全員はい」と答えました。各自エコドライブの効果を実感したというコメント
も多数寄せられました。

※表はクリックすると拡大します。
2010エコドライブ実験結果


連載我が家のCO2削減大作戦~エアコンの消費電力~



 みなさまはエアコンの冷房能力の範囲に注目されたことはあるだろうか。実は、冷房能力の範囲(正確には最低出力の値)が快適かつ省エネを実現するのに重要である。というのも、最低出力の範囲が高い機種では、冷えすぎないように高い設定温度で運転する場合には、運転が止まっては再開するという間欠運転になるため温度調節がままならないからだ。


実験方法



 そこで、冷房能力が0.1~4.8kWで低い出力に長けた特性を持つ三洋電気SAP-YD25J 型で、エアコンの特徴を生かした快眠モードと通常モードの2 つのモードで夜10時から朝6時まで運転して、消費電力と室温を比較してみた。エアコンの設定温度は27℃、風量は自動、家は築23 年の木造2 階建て、部屋は11 畳の洋間、2 階の北側に位置し、広い出窓が二つあり断熱性は良くなく、西日も入って来るという条件で実験を行った。


実験結果



 実験結果を表に示す。快眠モードの消費電力は、通常モードの40%であった。よって、快眠モードのような低出力モードで運転するのが得である。また、エアコンを購入する際は、低出力側の数値に着目することが必要である。

※表はクリックすると拡大します。
エアコンの運転モードと消費電力



その他の記事は、
連載目から鱗(26)BDFと新型ディーゼルエンジン
・所属団体からのお知らせ
です。



 メールマガジン購読をご希望の方は、以下のアドレスまでメールをください。
購読はもちろん無料です!
 メールの記入要領は以下のとおりです。よろしくお願いいたします。

件名:エコライフフレンズメールマガジン購読希望
本文:ご氏名、配信希望メールアドレスを明記。

つくば・市民ネットワーク内 
つくばエコライフフレンズ事務局
E-mail : tsukubahotnet●ybb.ne.jp(●をアットマークに変えてください)

PR

メルマガ4月号発行/エコドライブ実験のお知らせ


 みなさま、こんにちは。
 3月号に続けて掲載の滞っていた4月号の抜粋の掲載です。
 4月号のトップ記事は、エコライフレンズで実施するエコドライブ実験のお知らせです。


エコドライブ実験を開始



 つくば市では今夏にエコドライブ協議会を立ち上げ、エコドライブを推進しようとしています。これに先立ち、エコライフフレンズではエコドライブ実験を企画しました。2008年6月~7月にも実施しておりまして、今回で2回目です。前回は25人の方々に参加いただきました。100km~400kmの走行距離で平均10%の燃費向上の効果がありました。今回はより多くの方々に参加いただき、エコドライブによるCO2削減効果を実感していただきたいです。



 実験にご協力いただける方を募集しております。以下のリンクから実験結果記入シートをダウンロードして、ご記入いただき、エコライフフレンズ事務局(つくば市民ネットワーク)までお送りください。
実験結果記入シート(pdf)
実施期間は、5月~7月でお願いいたします。空調による影響を抑えるためです。
FAX:029-859-0264
E-mail:tsukubahotnet●ybb.ne.jp
●をアットマークに読み替えてください。


実験方法



 実験方法はいたって簡単です!
 エコドライブを意識せず運転して燃費を計測していただきます。
その後、エコドライブを意識して運転して燃費を計測し両者の差を比較するというものです。具体的手順は、以下に示します。


  • 1.燃料残量の多寡にかかわらず、満タンにする。

  • 2.そのときの走行距離をメモする。

  • 3.普通(従来)のドライブをする。

  • 4.燃料が少なくなったら満タンにし、そのときの走行距離と金額をメモ。

  • 5.エコドライブの3か条(下記)を守ってドライブをする。

  • 6.燃料が少なくなったら満タンにし、そのときの走行距離と金額をメモ。



  • エコドライブの仕方3か条




    • □ふんわりアクセル:やさしい発進。

    • □加減速の少ない運転:車間距離は余裕を持って、交通状況に応じた定速走行。

    • □早めのアクセルオフ:エンジンブレーキを積極的に使う。


    ※画像はクリックすると拡大します。
    エコドライブ



    その他の記事は、
    連載我が家のCO2削減大作戦(22)白熱電球から蛍光灯・LED
    連載目から鱗(22)ヒートポンプの仕組み
    ・参加団体からのお知らせ
    です。



     メールマガジン購読をご希望の方は、以下のアドレスまでメールをください。
    購読はもちろん無料です!
     メールの記入要領は以下のとおりです。よろしくお願いいたします。

    件名:エコライフフレンズメールマガジン購読希望
    本文:ご氏名、配信希望メールアドレスを明記。

    つくば・市民ネットワーク内 
    つくばエコライフフレンズ事務局
    E-mail : tsukubahotnet●ybb.ne.jp(●をアットマークに変えてください)

エコドライブフォーラム開催!

 2008 年7 月13 日(日)13:30~16:00、筑波学院大学 において、つくばエコライフフレンズ主催、つくば市、茨城県、つくば3E フォーラム後援の「エコドライブフォーラム in つくば」を開催しました。57 名が参加しました。つくばエコライフフレンズが行ったエコドライブ実験の報告に続いて、4 名の講師の方に、それぞれの立場からユニークで分かり易い講演をしていただきました。いままで、知らなかったことをうかがい目から鱗が落ちる思いをしました。
 以下に講演の要旨と質疑・応答の模様を記載します。


講演要旨
(1)エコドライブ実験報告:安田早苗氏(つくばエコライフフレンズ)
 フォーラムに先駆けてエコドライブ実験を実施した。実験は、通常(従来)ドライブとエコドライブの燃費を計測して報告していただくという方法で進めた。実験には24 名の方に協力していただいた。
実験の結果,平均燃費向上率は10.1%、エコドライブによる期間中のCO2 削減量は120kg と、短い期間であったが所期の目的を納めた。今後も人数を増やして継続して行きたい。

(2)エコドライブの仕方:神谷寛之氏(茨城トヨタ自動車(株))
 エコドライブの仕方には10 項目ある。中でも、ふんわりアクセル、車間距離を保つ、早めのアクセルオフなど、的確な状況判断に基づいたアクセル操作が重要である。他に、控えめなエアコン、アイドリングストップ、暖機運転しない、しっかりした行動計画・準備、不要な荷物は積まない、駐車場所に注意などがある。暖機運転は故障につながるという誤解があるが、そのようなことはない。心がけねばならないのは、タイヤ空気圧やオイル交換を含む点検・整備である。日頃の点検・整備が故障を防ぎ、安全で快適に走れるコツである。エコドライブは燃料を削減できるので、CO2 は無論のこと燃料代も減る。安全運転にもつながる。つまり、エコド
ライブをすれば皆がハッピーになれる。

(3)(株)カスミにおけるエコドライブの取り組み
                           野口隆宏氏((株)カスミ)
 社内の運輸部門として、商品配送を委託している協力会社様に取り組んでいただいた。昨年7月に現状の燃費を調査したところ、4t 車5.91、6t 車4.97、10t 車3.20であった。また、デジタコが導入されている場合は、燃費にバラツキが少ないことが分かった。調査結果をもとに、燃費の2%アップ(4t 車6.03,6t 車5.07km、10t車3.27km/L)を目標に、走行速度を抑える、急発信・急加速しない、慣性走行、エンジンの回転数をおさえる、波状運転はしないを実施した。また、点検・整備を徹底した。運転者自らも、回転計の制限回転数にシールを貼るなどの工夫をした。
こうした取り組みによって、4t 車で1.9%、6t 車で2.74%、10t 車で4.92%、燃費が改善した。燃料高騰の折り、燃料代の節約分もトータル的にはかなりの額に達した。

(4)エコドライブの理論と実践
              加藤秀樹氏((独)国立環境研究所 ポスドクフェロー)
はじめに、交通の温暖化対策として、乗用車での利用頻度が高い東西大通沿いのポイントを結んだ公共交通への転換、鉄道沿線に居住地・従業地を集中させるコンパクトなまちづくりを提案。すでに京都議定書の第一約束期間に入り、エコドライブは即効性のある対策として重要、理論的な裏付けをもつ効果的な方法を広く普及させる必要がある。シミュレーションにより、運転方法の違いを走行に必要なエネルギーとして定量的に評価した結果、走行中の最高速度を抑える効果が大きいことがわかった。この理論を実証するために、26 名による試乗会(路上走行試験)を行い、エコドライブ項目として「制限速度以下での走行、等速走行、早めのアクセルオフ」を指示したところ、走行エネルギーは減少し、それにともない燃料消費量も減少した。効果は参加者の平均で約10%である。つくばでは、制限速度を超えた走行が多く見られることから、『制限速度を守る』というあたり前のことを行うだけで、改善の効果は大きい。広い普及を期待している。今後は、受容性向上や交通流全体への影響評価などを行いホームページなどでも情報を発信したい。

(5)環境都市づくりに向けたつくば市の取り組み
                      岡野 渡氏(つくば市 環境都市推進室)
 エコドライブは、つくば市の「つくば環境スタイル計画」に位置づけられている。つくば環境スタイル計画におけるCO2 の削減目標は、2030 年までに50%削減することである。一人一人の環境意識の高揚が重要。家庭から排出されるCO2 をひとり・一日・1kg 削減することもその目標の一つで、エコドライブは誰でもすぐに始められる対策として重要である。また、トップレベルの大学と研究機関が集積するつくばの特徴を活かし、将来を担うこどもたちの環境教育を実施していきたい。交通の面では、小型電気自動車や新エネルギー利用車の導入、全市民ノーマイカーデーやエコドライブの実施といった啓発活動、低公害車優先駐車場・優先レーンの
創出といったインセンティブが働く施策をとりたい。

質疑・応答
Q:エコドライブ実験はどのようにして行われたか。実施期間は定めたのか。
A:実験は、まず通常(従来)のドライブをしていただき、次にエコドライブ3 か条を念頭において運転していただき、それぞれの走行距離と燃費を報告していただいた。日数や期間は特に定めず、6 月上旬から7 月上旬までの間で、各自が自由に行った。

Q:短期間では誤差が多いのではないか。
A:走行距離が長ければ誤差は少なくなるだろうが、この実験はフォーラムのために企画されたもので、フォーラムまでに終了すること、また、誰でも容易にできることを優先した。

Q:環境適合車を決めるのは基準があるのか。→環境適合車といっても、本当に環境に一番いいとは限らないのではないか。産業界の思惑などで基準が決められてはいないか。基準はどこが決めるのか。
A:日本では車の重さを考慮したトップランナー方式を採用している。ハイブリッド、電気自動車など、環境によりよい車はこれからも出てくると思うが、エコドライブというのはどの車に乗るかというより、それぞれの車をどう運転する。プリウスなど燃費の良い車でもエコドライブ効果は大きい。

Q:停車時にニュートラルポジションにすると、燃費が向上するか。車に悪影響はないか。
A:微々たるものだが向上する。理由はドライブポジションでブレーキを踏んで停車しているときよりも、エンジン負荷が小さいから。エンジン負荷が小さいということは、エネルギー消費も小さい。ただし、ニュートラルで停車するときは、必ずサイドブレーキを引くこと。操作になれていないと危険なこともある。安全性には十分注意を要する。

Q:幅の広いタイヤを使うと燃費が悪くなるか。
A:接地抵抗が増えて燃費が悪くなる傾向がある。エコドライブをこころがけるなら、同じ幅広タイヤでも燃費が良くなるエコタイヤをお勧めする。空気圧をチェックすることも必要。

Q:CD のボリュームを大きくすると燃費が悪くなるか。
A:CD はバッテリーから電力を得ている。また、バッテリーの電力はエンジンが駆動する発電機によることを考えると影響はないとはいえないが、大きいものではない。

Q:フォーラムの資料に車を使用する人の行動パターンが出ている。こうした調査結果は循環バスの経路を検討するのに有効と思われるので、生かせないか。つくば市はどのような考えをもっているか。
A:資料に出ている行動パターンは環境研に勤務される方のものと思われる。他所へ勤務される方だと違った行動パターンになる。現在行っている、自転車マップづくりの調査や他の調査などとあわせて、活かしていきたい。

Q:環境研での調査結果は自治体に提供する考えはないか。
A:行政や市民に開示したい。

Q:人口分散型は集中型よりも走行距離が多く、排出CO2 が大きくなるのは当たり前と思う。エコドライブより車を使用しない方が良い。つくば駅前広場の拡張計画では、タクシー乗り場は拡がりバス乗り場は狭くなっており、疑問がある。
A:集中型の方がよいということをデータとして示したものです。
意見:都市部の人が増えていることを考え、エコドライブよりも公共交通機関の充実が効果的だと思う。車に乗るならエコドライブ、次は乗り合わせる、公共交通機関を使うといった選択肢をとるようにすれば良い。

意見:自動車学校でエコドライブ講習を受け、効果を実感できた。自治体でも講習会を実施してほしい。

「エコドライブフォーラムinつくば」  開催します!

エコドライブフォーラムinつくば
 
 CO削減で地球にやさしい   
     ガソリン節約でお財布にもやさしい
       事故削減で人にもやさしい   いいことたくさん!
  正しいエコドライブの知識を身に付けて、今日から楽しくエコドライブ

    
    ぜひ、ご参加ください。

      2008 年7 月13 日(日)  午後1 時30分~4時
      筑波学院大学  2101教室
      入場:無料(資料代300 円)

      プログラム
     1. エコドライブ実験報告   つくばエコライフフレンズ
     2. エコドライブの仕方   神谷寛之氏 (茨城トヨタ自動車(株))
     3. (株)カスミにおけるエコドライブの取り組み
                       野口隆宏氏 ((株)カスミ)
     4. エコドライブの理論と実践
            加藤秀樹氏 ((独)国立環境研究所 ポスドクフェロー)
     5. 環境都市づくりに向けたつくば市のとりくみ(仮題)
            つくば市環境都市推進室

  
 後 援:茨城県、つくば市、つくば3E フォーラム
   連絡先:つくばエコライフフレンズ
    (事務局 TEL&FAX:029-859-0264)
   託 児:1 人500 円(事前申込み必要。締め切り7/10)


自動車は生活に欠かせない便利な乗り物です。しかし、自動車から出る排気ガスは「二酸化炭素」をたくさん含んでいて、地球温暖化の大きな原因の一つとなっています。家庭から排出される二酸化炭素の4割以上は自動車からのものといわれています。エコドライブは、私たちにできる二酸化炭素削減のもっとも簡単で有効な方法です。また、エコドライブは交通事故を大幅に減らすという調査結果もあります。
 フォーラムでは二酸化炭素削減に与えるエコドライブの効果を明らかにするとともに、エコドライブの仕方、運輸業界の取り組み、市民によるエコドライブ実験結果の報告、つくばで何ができるかをパネラーの方の講演をもとに、一緒に考えたいと思います。



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne